ワンポイントアドバイス


top

海外旅行に行くと、両替などが面倒ですから、ついつい一気に高額なお金を両替してしまい、多くの現金を所持する状態になってしまう事があります。これはよくありません。これを一気に盗まれたりしたら、一文無しになってしまいます。海外で一文無しになると、かなり大変です。

また、クレジットカードなども、不要な分はあまり持たないようにしましょう。もし、何枚かあるものが一気に盗まれたりしたら、その枚数分だけ対応に追われることになってしまいます。
海外旅行に来て、クレジットカード会社に電話しまくり、なんていうのも興ざめですので、意識的に気をつけましょう。そして、観光に出る時には一箇所に全額を入れておかずに、ポケット、カバンなどに細かく分けて保持しておくと良いです。海外旅行中は予期せぬ事が起こりますから、万全を期して靴下の中にお金を入れておくのも安心な方策のひとつかもしれません。

実際にお金を盗まれる可能性の高い危険なポイントとして挙げられているところがいくつかあります。パリの有名な市場「クルニャンクール」は、観光客に人気のお買い物スポットである一方で、スリやひったくりが多発する危ない場所でもあります。パリですし、可愛い品物が多いので、ついついカバンやポケットから注意がそらされてしまうという事があるかもしれませんが、これほどスリや泥棒が多い場所ではしっかり注意を引き締めて、お金や貴重品を盗まれないようにしなければいけません。とはいえ、クルニャンクールは3000以上のお店があるという大規模な市場で、生活雑貨からレコード、アクセサリーまで本当にいろいろなものが揃っている市場です。とくに土日が狙い目で、お店側としても力が入っているのが土日だそうで、いつもより安くなっていたりするのかもしれません。なんだかんだでやはり夢中になってしまい、やっぱりお店のほうにきを取られてしまいますから、市場に来る前に、しっかり対策しましょう。例えばそれこそ、靴の中に帰りの電車代くらいを入れておく(=小分けの基本)とか、財布はチェーンを付けた上で内ポケットにしまっておく、といったことが有効かもしれません。

また、アジアの人気都市、バンコクのナイトマーケットも、観光客をターゲットにしたスリやひったくりが多いと言われています。ナイトマーケットでは、可愛らしい雑貨からビンテージの格好良い品物まで、いろいろなものが売られていますし、美味しいご飯も屋台で販売したりしています。ただ、それに気をとられると、財布を盗まれてしまうので注意しましょう。まず、なるべく小分けにするのです。